ログイン

ぴゃ!どっと東京

ピン!ときたらカウンターを回してください

1

16

(土)
時間割
菫
画像

No.29,571 ::: 2021-01-11 13:17 路上のギター



コメント:9件

素子さんサイズですね

素子さん「

みゃうみゃう

2021-01-11 13:19:23

作ってるの想像すると、ちょっぴり笑えたり^^

cookie78

2021-01-11 13:24:01

妄一楽器屋のおっちゃんが「ひひひ」とか言いながら雪かきしてそう

ベースの歩道の身障者用タイルが重要ですね。

吐蒸す

2021-01-11 13:27:14

除雪しようとして体力が限界に達しただけだったり。(南国育ちの僕なんか1ミリも除雪できなかったり)

雷電21

2021-01-11 13:27:49

吐蒸す南国育ち→ 土佐 薩摩 
みゃうみゃう南国育ちは意外と氷雪に強いいやそれ南極育ち
雷電21×氷雪に強い 〇氷雪の怖さを知らない

庇を支えてる鉄柱がとても太いです。細いと雪の重さで潰れてしまうのです。

みゃうみゃう

2021-01-11 13:38:07

吐蒸すH鋼のほうが安くできたのにね

すみません点字ブロックで遊ばないでください…

kame

2021-01-11 13:46:00

ストラト溶かしたー

Hammersmith

2021-01-11 14:52:33

地方都市のアーケード街って感じで風情ありますね。

高度経済成長期あたりに地元経済の個人需要を満たすべくちょっと高級そうな品揃えで個人商店が立ち並び、往年には多くの買い物客で賑わっていたであろう街並み。
更には百貨店が駅前にできて、多くの人が足を延ばしたことでしょう。
喫茶店や飲食店もでき、ウィンドショッピングを楽しむ人たちが一時の休憩にと立ち寄り、さざめく他愛ない雑談が店内のそこかしこで聞かれたと思います。

しかし次第に経済は首都圏や大都市圏に集中、労働人口の流出、大衆層の購買力低下、地域経済は潮が引くように衰退し、街の中心であったアーケード街も百貨店も郊外の大規模店舗に客を奪われ、せめてもの利益を求め次第に廉価な商品ばかりが店頭を占めるようになり、そこにあった往年の色彩は枯れ、店主の高齢化や収益の悪化を理由に閉店、休日も閉められたシャッターが目立つようになり、次いで入居するオーナー渾身の思い付きコンセプトが一発芸のように滑っている飲み屋や飲食店も開店しては数年で姿を消す繰り返し、唐突にパチンコ屋が入ったりしても数年で撤退、昔からの喫茶店が静かに残っている以外は、まばらに小さなクリニックと薬局くらいしかない有様で、コンビニですら探す必要があるほどに。

でも、そんな状況でも、いや、そんな状況だからこそ、強い思いと堅実な経営で、ぶれない、流されない、踊らない商売が、近隣地域どころか近県や下手をすれば全国区で名が知られ集めた信頼で長く命脈を保っていることもあります。
それは一風変わった喫茶店であったり、アフターケアも手掛ける楽器店であったり、玄人向けの刃物屋だったり、丁寧な盛り合わせで贈る人と貰う人を繋ぐ果実商であったり、使い込まれた什器が独特の雰囲気を醸す総菜屋だったり、顧客が必要とする事務消耗品を切らすことなく置き続ける文具店であったり。

様々な業種のそれら「生き残っている」商売は、地域に人が住む限り、そこにあり続ける、そうでなくては暮らしが回らないものであり、すべての商売がそれに倣えるかどうかは分らないけれども、おおいに目指すべき価値があるのだと思います。

妄一

2021-01-11 15:09:04

PINFU妄一さんが描く風景に涙する私でした。

そこで滑る予感がする!

らふぁえる

2021-01-11 15:34:37

loading
close
loading
close