ログイン

ぴゃ!どっと東京

ピン!ときたらカウンターを回してください

10

30

(金)
時間割
橋本龍次郎
GIF

No.28,011 ::: 2020-10-15 12:00 ヤバイやつ

コメント:13件

カツオノエボシだっけ?

こんな風に動くんかいー

cookie78

2020-10-15 12:12:21

オヤツあげないわよ

みゃうみゃう

2020-10-15 12:16:52

蒸して皮が透き通った餃子

ティターン3

2020-10-15 12:35:11

針を刺したらパン!と破裂しそう

kame

2020-10-15 12:58:08

らふぁえる天敵のkame様に食べていただきましょう。
kameあんこ入ってないから

途中画像にノイズが入るほどの毒性を持つ!

橋本龍次郎

2020-10-15 12:58:22

妄一スミアですよね、日差しが強いのかな

空っぽなのにどうやって動いてるんでしょう ???

2020-10-15 13:06:04

たまごかけごはんぽちたま先生の解説を待ちましょう。不思議な生物の集合体。
妄一焼きナスの上に掛けた鰹節が躍る原理?
へぇ~? ^^
ぽちとたまとそそ 熱と蒸気で…↓参照

師匠 それはTENGAじゃないですよ。

BOMB

2020-10-15 14:27:09

橋本龍次郎えぇ~~~違うの~~~!w
たまごかけごはんCTY

プラごみに宿借りしてみた?

Hammersmith

2020-10-15 14:34:02

これ初めて見たときは海に緑色のビニールが捨ててあると思った。触らなくてよかった~。

ふぐ

2020-10-15 17:24:23

ぽちとたまとふぐ様の方が 下手すりゃご飯になりますよ

助けて夜にお礼に来られたら困るパターン。

妄一

2020-10-15 19:50:03

「アリキックなら、ハリネズミを倒せるかもしれない」と異種格闘技戦申し込みに現れたところ。

雷電21

2020-10-15 22:40:16

風向きと発生状況とによるんだけど、すごい小さな海岸にもの凄い量のカツオノエボシがうちあげられます。(風船頭だから風に弱いらしい)

浜に打ち上げられた100個くらいの猛毒クラゲを前に速攻で撤収です。w

A14改

2020-10-15 23:40:30

ぽちとたまと風まかせ波任せで自分の意志で動き(動け)ません

カツオノエボシ(鰹の烏帽子 Physalia physalis 英名:Portuguese Man O'War クダクラゲ 目カツオノエボシ科)です
多くの人は、お判りのようですね。

ただコレって 一つの生物のようですが、沢山の個体が集まって 俺吹き袋の一部 俺 毒針の係? と 何千ものヒドロ虫の群体です。
しかも脳やボスになるようなものがないので、統率?が取れず海に漂っているだけ。
みな好き勝手に行動します・・・餌が毒針の係に触れたら 発射。
なんか取れたっぽい なんか取れそう・・・なら伸びてより確実にするか?
なんか食ってるやつ居るぞ…縮んで近づくぞ餌に
等と結構アバウトです。
なので打ち上げられて動くように見えるのは、乾燥や中の気体が膨れたりで吹き袋の個体が縮んだり伸びたりしているだけでたまたまです。
意思があったり、刺激を受けた為反応しているわけではないようです。
焼きたてのお好み焼きに載せた鰹節が踊るように動くのと近いかも。

ぽちとたまと

2020-10-16 00:12:23

ぽちとたまとお好み…出したら↑で焼きなす出てた…皆食い意地がヾ(ーー )
cookie78いつも丁寧な解説ありがとうございます^^

コメント書き込み状況

「まて、話せばわかる」← 天狗なのに犬養毅?
2:32のシーンに言いたい。 ゴジラがきてるというのに、なんで電車を走らせているかなぁ? (ゴジラに限らず、マジンガーZとかアニメの方にも言えることだけど。)
やっぱ、鬼詰めのオコメブームなんでしょうか?
コブラ君、葉巻に火を点けるなら虫眼鏡で無臭の着火が王道だろ?
原作者はたぶん40秒で描いてるw
いいなぁ~ 篠山紀信さんって
蘇える金狼 風吹ジュンさん可愛い ラストも衝撃的だった。
僕、焼いたサンマの油は苦手。お正月に寿司を食べるのが好き。と言うても紀州の人にしか通じへんか・・・・・
「甲高い大声で叫んでいるが、こいつは発情期かnya?」
ゴジラの「放射能をはく」ってのは、日本人だからこそ刺さる設定かもしれない、特にこの作品が公開された時代においては。 広島・長崎と、実際の兵器として、民間人も多く生活していた都市部に核攻撃を受けた日本に在っては、放射線障害ってのがどれほど恐ろしく、またそれが被曝程度によっては長く続くものであるかを知っていたからこそ、そんなのをまき散らす(人知を超えた存在である)怪獣がリアルな怖さとなって理解され得たんじゃないかと。 ただまあ皮肉にも戦後長きにわたり米国の核の傘の下で平和を享受することとなった今の日本に在っては、原水爆や放射線障害の恐怖よりも、その恐怖によって平和が保たれるという認識の方が強くなり、ともすれば原子力は厳重に管理され精密に操作されることで利用される原子力発電をはじめとしてX線撮影や放射線療法のような身近な、しかも役に立つものとしての認識が強くなり、福島原発事故が起こるまでは放射能の恐怖はひどく希薄なものになってしまったような気がしてならない。 そしてその希薄化した恐怖は、モヤモヤした不安を引き起こしはするものの、現代社会の死が病院へと隔離され次第に現代人の意識の外へと追いやられていったように、現実味のない物へと変化し過ぎたのかもしれない。 だから福島の今なお続く原子力災害終息のための長く続く努力がなかなか理解されない、ましてリアルな恐怖として再び深く刻み込まれた福島県民の苦悩が首都圏でのうのうと国会議員席の柔らかい椅子に収まってそれが当たり前だと思っている与党の連中に届かないように思えてならない。 まあなにもゴジラ見て放射能の恐怖を思い出せとは言わない、どのみちそれらは安全な娯楽に過ぎないのだし。 ただ安穏と日々を過ごし放射線障害の怖さすら忘れ安易な判断を下す前に、現地に赴いて現実に今なお存在する原子力災害の爪痕と、その土地に根差した帰属意識を持ち故郷を傷つけられた人たちの心痛を訴える声に耳を傾けるべきではないだろうか。 そうすることで福島にだけ重荷を押し付け続けることの罪深さに気付けるのかもしれない。 ま、個人的にはトリチウム水の海洋放出に関しては、安全だと言い続けるのならタンカーで日本の経済水域の各所に分散して放出しちゃえば?って思ってる。 量的な問題で一か所で放出し続ければ蓄積被害がないとは言い切れないんじゃないかな?って思うし。 結果的に日本の水産資源が風評被害で国外からの評価は一定期間はすごいことになりそうだけど、分散放出で計測不能なくらい低い線量しかなかったら、いずれ回復するよね。
loading
close
loading
close