ログイン

ぴゃ!どっと東京

ピン!ときたらカウンターを回してください

1

24

(金)
時間割
kame
動画

No.19,521 ::: 2019-08-13 07:32 意外と知らない社会見学

焼玉エンジン・・・昔ポンポン船と言われた船のエンジンです。
石油発動機と似ているけれど違うんですね。


コメント:8件

炭火おこすのに時間がかかりそう

みゃうみゃう

2019-08-13 07:53:24

ポンポン船は俺が小さい頃は現役でしたねー。さすがにもう居ませんが。

A14改

2019-08-13 07:53:53

エンジンの仕組み 解説者解ってない。
熱で燃料に点火。 スパークプラグだって 電気の火花の熱で点火してるんだよ。 電気で点火してる訳じゃない。アホ。 ディーゼルだって 圧縮で燃料の点火温度までもってく訳ですし。
2スト 分離給油 中々技術的じゃない。
私のリッター400馬力のレーサー2ストエンジンなんか オイルとの混合燃料ですよ。潤滑はすごい原始的なんです。 吸気は電子制御なのに。。。

吐蒸す

2019-08-13 08:25:02

kame今のエンジンと違い灯油なので着火温度が低いんです。

火縄銃的ですね。

たまごかけごはん

2019-08-13 10:40:29

追加説明です。
引火点がガソリン-43℃灯油が40~60℃
着火点はガソリン300℃灯油が255℃です。
その原理で灯油が燃料だとガソリンより低温で着火します。
なので焼玉エンジンはスパークで引火させずに熱缶で着火させるエンジンなのです。
ポット式ストーブがニクロム線で着火する原理です。
ディーゼルエンジンも始動はヒーターで燃料を温めますが始動してしまえば、
基本ガソリンみたいにプラグが不要なので電気はいりません但し今のディーゼルは、
電子制御なので電気がななければエンジン制御できません。
今から40年ほど前のデーゼルは停止する時圧縮を抜いてエンジンを停止するデコンプが付いていました。
私が子供の頃はまだ焼玉エンジンを使って脱穀や水くみなんかしていた農家もありました。

kame

2019-08-13 11:39:47

みゃうみゃう焼玉は断熱圧縮と炭火の加減で上死点点火。設計自由度極低いです

こんなんありましてね ほがらかな船長さんが乗ってたようです

Hammersmith

2019-08-13 12:17:41

実物見たこと無いのに懐かしい気持ちになりました(^^;)

いたみいた

2019-08-13 13:39:14

マッドマックスみたいな文明崩壊後の世界ではこんなエンジンが生き残るそうです。
バッテリーを用いるようなエンジンはバッテリーが劣化してしまえば使えないからです。
でもまあマッドマックスの世界で焼玉エンジンのバイクに乗ったモヒカンがヒャッハーしてる光景は想像すると脱力です。

FudoMyoho

2019-08-13 21:41:02

loading
close
loading
close